初めての方必見!覚えておきたい胡蝶蘭を贈るときのマナーとは?

会社勤めをされている方にとってビジネスシーンでの定番の品である胡蝶蘭はとても身近な存在にあるお花ですし、胡蝶蘭を贈る際のマナーに関して知っておくことに決して損はありません。
ただ、会社の上司から突然「〇月〇日までに胡蝶蘭を△△宛てに贈っておいて」と指示を受けたけど、初めてのことで何をどうしたら良いのか分からない…。と焦ってしまう方が少なくないのも事実です。
そこで今回は、ビジネスシーンで贈られる理由やビジネスシーンで胡蝶蘭を贈る際のマナーについて紹介します。

胡蝶蘭がビジネスシーンで贈られる理由

胡蝶蘭

ビジネスシーンで胡蝶蘭が贈られることが多いですが、それには以下のような理由があるためです。

①胡蝶蘭は縁起が良い
胡蝶蘭がビジネスシーンでよく贈られる理由は、まず一つに「縁起の良さ」が関係しているようです。胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉があり、商売繁盛やビジネス規模の拡大など、ビジネスにおける縁起の良さを連想させてくれるお花なのでビジネスシーンでの贈り物として最適とされています。
一口に胡蝶蘭といっても、様々な形に品種改良されているので選択肢が豊富にあります。中でも白と赤がミックスされた紅白の胡蝶蘭はさらに縁起が良いと言われており、贈り先企業の今後の繁栄を願う気持ちを込めて贈られることが多い胡蝶蘭です。
②胡蝶蘭は花持ちが良い
先方にお花が届いてもすぐに枯れてしまえば印象がよくありませんし、出来ることなら長くその美しさを楽しんでもらいたいですよね。胡蝶蘭の花持ちはどうかと言えば、開花してから最低でも1ヶ月くらいは美しいお花を楽しむことができると言われるなど、非常に花持ちが良いお花として知られています。長いときは2~3ヵ月も綺麗な状態を保ってくれるので、ビジネスシーンでの贈り物としても大変人気があります。
③胡蝶蘭は香りや花粉が少ない
開店を迎えるお店や、就任を祝う会場の雰囲気を華やかに、そして豪華に彩ることができると人気のフラワーギフトですが、お花の種類によっては香りや花粉が多いものもあって場所や環境を選ぶといった難しさがあります。 ただ、胡蝶蘭に関しては香りや花粉が他のお花に比べて少ないといった特徴があり、場所や環境にそれほど影響を与えずに済むことから、ビジネスシーンで欠かせない贈り物として重宝されています。
④胡蝶蘭はネットショップから何時でも注文できる
会社の上司から突然お花を贈るように指示された場合でも、胡蝶蘭を選べばそう慌てる必要はありません。胡蝶蘭の生産地では一年を通して開花した美しい胡蝶蘭を栽培しているので、インターネットやパソコン、スマートフォンがあれば何時でも好きなときに胡蝶蘭を指定した住所に贈ることができます。
胡蝶蘭専門店の「フローラルオーキッド」では、生産地から直接販売された高品質な胡蝶蘭が格安価格で提供されているので、美しく長持ちする最高の胡蝶蘭を安心してご注文いただけます。

知らないと損!胡蝶蘭を贈るときのマナーについて

胡蝶蘭

胡蝶蘭は、家族や友人に対して個人的に購入して贈ることもあれば、会社の取引先や法人向けに胡蝶蘭を贈るといったことも珍しくありません。そのため、仕事を持たれている方は今後ビジネスシーンで何度も胡蝶蘭を手配する機会があることを考えて、基本的なマナーとして胡蝶蘭に関する基本的な知識や胡蝶蘭を贈る際のマナーを身につけるに越したことはないでしょう。
それでは早速、胡蝶蘭に関して覚えておきたい胡蝶蘭を贈るときのマナーについて紹介します。

胡蝶蘭を先方に届けるタイミングは?
ビジネスシーンで胡蝶蘭を先方に贈るタイミングについてですが、祝賀パーティーや開店祝いの場合、当日に関しては人の出入りが激しくなることが予想されるので、前日までに届くように贈るのが理想です。
また、事務所の移転祝いであれば、先方の状況を配慮しながら届けるタイミングを工夫します。せっかく届けてもまだ事務所に誰もいない可能性もあるので、迷惑をかけないようにするためにも届けるタイミングには細心の注意が必要です。
贈る胡蝶蘭の大きさに注意!
お祝いモードの会場の雰囲気をより華やかに彩るには大輪で花の本数が多いほど豪華さが増しますが、ビジネス関係の胡蝶蘭を選ぶときには大きさに注意することも大切です。
できるだけ大きな胡蝶蘭を贈りたいと思っても、会場のスペースによっては大きな胡蝶蘭を飾るスペースが確保できない場合があります。そういった時は胡蝶蘭を贈ったことで少し迷惑をかけてしまう可能性があるので、当日使用する会場の大きさや先方のお店の広さなども考慮しながら胡蝶蘭の大きさを調節しましょう。
胡蝶蘭の立札は何にする?
ビジネスシーンで胡蝶蘭を贈る際のマナーとして、特に注意を払うべきポイントがこの「立札」です。企業間で胡蝶蘭を贈る際は、立札を付けて贈るのが一般的です。その胡蝶蘭を誰が贈ったものであるか一目で分かるように、お祝いの文言と贈り主の名前、そしてお祝いする先の店舗名や名前などを入れるようにします。特に重要なお付き合いがある会社に対しては、品位の高い木目の立札にすることをおすすめします。
胡蝶蘭のラッピングはどうする?
お祝いの席に胡蝶蘭を贈る場合は、ラッピングを付けて贈るのが一般的です。胡蝶蘭の色に合わせてラッピングの色を選択します。リボンを付けて豪華にしたり、お店の雰囲気に合わせてシンプルなラッピングにしたりと、開店するお店の雰囲気などを考慮しながらラッピングを工夫しましょう。ただ、開店祝いや新築祝いの場合、火事や赤字といった状況を連想する赤は避けた方が良いと言われているので気をつけましょう。
供花として胡蝶蘭を贈る際の注意点
白の胡蝶蘭は、法事や法要などにお供え用の供花として送ることができます。ただ、基本的にお供え用の胡蝶蘭のラッピングは白や黒、薄紫、深緑が基本です。リボンも通常よりも小さめで地味なものを選び、追悼の意を込めて供花として相応しいものを手配しましょう。
また、供花として胡蝶蘭を贈る際も贈り主が分かるように立札をつけます。この時に、故人や親族の名前は記載しないので気をつけましょう。
ご自宅に贈る胡蝶蘭はコンパクトなものが理想
ビジネス関係でお付き合いのある方へ胡蝶蘭を贈る場合、会社の事務所やお祝い会場に胡蝶蘭を送ることが多くなりますが、場合によっては個人的にお祝いをするためにご自宅に胡蝶蘭を送ることもあるでしょう。
ご自宅に胡蝶蘭を送る場合は、飾るスペースを顧慮して出来るだけコンパクトな胡蝶蘭を選ぶのが理想です。ネットショップから胡蝶蘭を注文して先方のご自宅に送るのも良いですし、コンパクトで持ち運びがしやすいものであれば手土産としてご自宅に直接持っていくというのも良いかもしれません。コンパクトな胡蝶蘭であればお手入れもしやすいので、きっと先方にも喜んでもらえるはずです。

胡蝶蘭は縁起の良いお花としてビジネスシーンでのギフトとして欠かせないお花です。ただ、胡蝶蘭を贈る際のマナーを知らないと、いざという時にはずかしい思いをしたり、先方に少し迷惑をかけてしまったりということにもなりかねません。ですから、今回紹介した内容などを参考に、いつもお世話になっている方々へ祝福の気持ちをきちんと伝えられるように胡蝶蘭を贈る際の基本を押さえおくことが大切です。